海外ビールの飲みくらべ Part 3


ゴールデンウィークでのんびりしたおかげで、たくさんの海外ビールが飲めました〜!




:53?: TSINGTAO STOUT 青島スタウト(中国)
ALC-7.5% 種類・スタウト
程良い濃さのダークビール。コッテリ系の料理にも負けないしっかりした味わい。
<感想>
青島ビールにもバリエーションがあるんですね〜
ちょっと苦味が強いスタウト、でも飲みやすいですね。
中華料理には…合わないかな??




:53?: FULLER’S LONDON PRIDE フラーズ ロンドン プライド(イギリス)
ALC-5.0% 種類・イングリッシュペールエール
350年以上前からエールを造っている醸造所で造られたエール。
ターゲット、チャレンジャー、ノースダウンという3種類のホップが使われていて、
口の中で様々な香りを楽しむことができるのが特徴です。
豊かな麦芽の風味との絶妙なバランスが特徴。
<感想>
色は赤みがかった茶色でエールタイプにしてはライトな飲み口。
苦味は控えめで飲み込んだ後にほのかに舌全体と口奥に残る程度で、
淡くアッサリとしていて飲みやすいですね。




:53?: FOSTER’S フォスターズラガー(オーストラリア)
ALC-4.9% 種類・ラガー
オーストラリア最大のビールメーカー、カールトン&ユナイテットブリューワリー社の商品です。
国際的な人気ブランド世界150ヶ国以上で愛飲されており、様々な地域、気候の中で暮らす
何百万人もの人々の喉を潤し続けています。
<感想>
泡立ちが少ないけど、炭酸はキツい。水みたいになんのクセもコクもないね〜。
やっぱり真夏の海辺でガブガブのみたいですね。
ラベルのワンポイントのカンガルーがカワイイ。。




:53?: WARSTEINER ヴァルシュタイナー(ドイツ)
ALC-5.0% 種類・ピルスナー
原料としては、「ビール純粋令」というドイツの法律に従い「麦芽、ホップ、酵母、水」のみ
厳選された素材を使用しており、水については、 世界的な名水と評されているカイザー・クベッレ泉の天然水を使用。
<感想>
軽い飲み味。味わいもデリケートで苦味もそれほど強くありませんね。
しかし日本の苦味とは違う特徴のあるビールです。




:53?: Budejpvicky Budvar ブデヨビツキ ブドバー(チェコ共和国)
ALC-5.0% 種類・ピルスナービール
チェコの最高級ホップ、モルト、独自の酵母と地下300mからの良質の水で醸造され、
700年の伝統を持つ純粋ビールです。
アメリカのアンハイザー・ブッシュと”バドワイザー”の商標で争っているそうです。
<感想>
コクはありませんね、後味もなんだか残りませんが…美味しいです。
軽いビールですね。チェコのこの他のビールも飲んでみたいなぁ〜




:53?: PERONI NASTRO AZZURRO ベローニ・ナストロ アズーロ(イタリア)
ALC-5.1% 種類・ピルスナー
アメリカンタイプペローニ社はイタリアNo.1のメーカーで、EU圏内で流通するビールで、
ヨーロッパ第2位に位置する実力派。ヨーロッパビールとアメリカビールの中間的な味がする。
<感想>
色が薄いですね〜泡立ちはいいのですが、、軽めで思ったより味があります。
ホップの香りがよく、スッキリとした喉越しで飲み易いビールです。
後味にほのかな甘みがあって、繊細な感じですね。





:53?: PURE BLONDE ピュア ブロンド(オーストラリア)
ALC-4.6% 種類・糖質削減ビール
オーストラリアで最も伸びているビール。低炭水化物ビール。
<感想>
キレがいい!うんでも…印象には残らないビールですね??…
低炭水化物ビール??糖質削減ビールだったか!!!




:53?: GULDEN DRAAK グーデンドラーク(ベルギー)
ALC-10.5% 種類・ブラウンエール
赤味をおびた褐色のトリプルブラウンエール。
一口目は甘みとコク、徐々にスパイシーでピリッと舌が刺激される。
コリアンダー・オレンジピールを使用、やや強めの甘さあり。
瓶内二次醗酵によるクリーミーな泡としっかりした味わいの濃厚タイプ。
<感想>
濃厚!複雑な香りや味わいがある。ウマイ!!この味わいなら大満足です
ラベルに描かれている金色の竜はベルギーの街ゲントの象徴だそうです。
アルコール度も高いのでコレを2本も飲めば…お会計お願いします。。




:53?: DELIRIUM noctupnum デリリュウムノクトルム(ベルギー)
ALC-8.5% 種類・スペシャルビール
ノクトルムはラテン語で夜を象徴する。夜のように深く濃い色を持つビール。
麦を燻したこうばしい香りがあり、ホップの苦味がよく効いたビール。
<感想>
赤みがかったダークブラウンな色合い、麦芽の旨みと苦味のバランスがいいですね〜。
苦味の後味のキレがいいです。うん間違いなく美味い!
調子に乗って飲んでいると、そのうちピンクのゾウさんが目の前で踊りだしそうだ。
ちなみに、このラベルのピンクのゾウさん、クリスマスバージョンもあるそうな(笑)
(余談ですが) このメーカーの別種類で『デリリュウムトレメンス』というビールがあり、医学用語で
「アルコール中毒による幻覚症状」ラテン語で「震えの来るせん妄状態」だそうです。
やっぱりピンクのゾウさんが見れるのかな??




:53?: St Peter’s CREAM STOUT セントピータース クリームスタウト瓶(イギリス)
ALC-6.5% 種類・スタウト
この地方で収穫された個性ある4種類のモルトと、2種類のホップを使用して造り出された、
香り高いコクのある味わいのダークチョコレートクリームスタウトです。
後味には、満足のいくほろ苦さが残ります。
<感想>
不思議な味ですが…イケます。色は今までで一番黒いかな!?漆黒ビール!
ビターチョコレートを感じさせるほんのりした甘さと苦味、そして焦げたモルトの香ばしい味が
ホップの苦味とあいまって、なんとも美味しい!


<番外編>日本のビールじゃん!!



:53?: TOKYO BEER TAMANOMEGUMI 多摩の恵(日本)
ALC-5.5% 種類・ペールエール
明治20年に、この西多摩で造られていた地ビール、自社の地下天然水で仕込んだ、
ろ過も加熱処理もしていない自然派志向のビール。
<感想>
フルーティーですね、苦みやコクはしっかりしていて
炭酸も強めなのでキレはあります。でもこの値段を出してまで飲まなくてもいいかなぁ〜


タグ:

コメント / トラックバック1件

  1. ミウラ より:

    また、たくさん飲み比べてますね~ ;-)

    やっぱりビールに限りませんが、その国に行って味わってみたいですね :53?: