‘登山グッズ’ カテゴリーのアーカイブ

MANASLU 126

2014年2月27日 木曜日

灯油バーナーのMANASLU 126を引っ張りだし磨いてみた。ピカピカです!
タンク容量は0.8Lで燃焼時間は5時間ほど・・

IMGP9888

市場では品薄なのだとか?理由はこれでしょうか?
バーナー上部に置くと暖がとれるストーブの再販

IMGP9882

登山やバイク旅、旅行では、コンパクトで軽く燃料が容易に手に入るガスが一番ですが、
車で行くのんびりキャンプにはガソリン&灯油バーナーもボチボチ出番があります
燃焼音がウルサイ!プレヒートが面倒!ポンピングが煩わしい!など個性はありますが、
なんとも味がありますね〜

IMGP99120

必要最低限シンプルに軽くコンパクト、自分のキャンプスタイルには逆行しますけど・・



準備完了!

2014年2月10日 月曜日

Exif_JPEG_PICTURE

準備完了!



ヘルメット

2013年10月19日 土曜日

使っていた登山ヘルメット。
気をてらって艶消しの黒などを買ったので表面が経年劣化でベタベタに塗装が溶けた。。
ベタベタ気持ち悪い・・・



なのでプラモのシンナーで溶かし拭きペカペカに・・・
おぉ・・これで今年もアイスクライミングができるね



背面メッシュのザック

2012年9月11日 火曜日

背面メッシュのザックを購入。
GREGORY Z40



本体重量は1.5kg。軽いなぁ〜しかも涼しい背面・・・
DeuterとMammutも候補に挙がりましたが、背負い心地でGREGORYに決めました。

しかし・・コンパクトになったとはいえテント泊装備に耐えられるのかな??



SNICKERS

2012年6月16日 土曜日

だいぶ前のニュースですが・・・

「SNICKERS」
ハードな山行(夏以外)の携帯食として非常に優秀なお菓子が、
2013年末までに販売中止になる?

アメリカ製造会社の方針で、「健康と栄養に対する包括的な取り組み」として、
2013年までに250kcal以上のチョコレート菓子を販売中止とすることを決定したそう。

SNICKERSとはピーナッツ入りヌガーにキャラメルでべったりと固め
ピーナッツをまぶして、チョコレートコーティングされたお菓子。
一口かじると、歯が溶けてゆくのではないのかと思うほど甘く、
キャラメルが歯にくっつき、夏の山行では全体がドロドロに溶け袋から出せない。
しかもカロリーは53gの一本で270kcalもある。

日常ではまったく口にする事のない菓子ですが、非常食としてだけでも
生き残ってほしいかなぁ〜

息子の登山準備のためリビングのテーブルにSNICKERS miniが
置いてあるのを目にして書き込んでみた。



《注》これはスニッカーズとは関係ない以前描いたイラストです。



THERMAREST NEOAir XTHERM R

2012年5月19日 土曜日



THERMAREST NEOAir XTHERM R を買ってみた。。
6.3×51×183cm 430g
むぅ〜確かに小さい軽い。スタッフバッグが空気入れにもなっています。
よく出来てるな〜冬期使用はどうかというと?
4重の反射層が熱を反射して、多数のエアーポケットが対流による熱損失を低減する。。らしい?



昔買ったエアーマットは妙にボヨボヨと体が弾んで寝心地が悪かったが、
これは気室が多いので空気の移動による不快さが軽減されています。
快適で寝心地がいい

気になる所は・・・反射素材として使用されている反射フィルムのガサガサする音?
気になる人は嫌だろうな。。
素材の薄さ軽さは登山には最適だが、やはり穴空きが気になります。
設営場所には気をつけなきゃね。



以前使っていたTHERMARESTプロライトプラスレギュラー(サイズ:約51x183cm 重量:630g)との対比。
小ささと200gの軽さは魅力です。
登山では10gでも軽くしたいので、重要なんです。
南アルプスの縦走に心強いアイテムGET!!



修繕

2012年2月16日 木曜日

先週アイゼンで穴を開けてしまったスノーパンツ・・
裏地のメッシュ生地があるためリペアシールが貼れない。ヒラメイた・・
前ポケットの縫合をほどきそこから指とシールを突っ込み裏地からのシール貼りに成功した。
我ながら器用でした。これで防水は修復されました。。
開けたポケットをチクチクと地道に縫う。
地味な作業って結構好きだ。。


子猫の里親の先方からグズグズと断りの話がきました。。
おとなしくて性格のいい猫がいいそうだ・・?????

う〜ん、、ままならない。。





引き算

2012年1月27日 金曜日

さて・・・



ここから何を引くかな・・・・

とりあえず、ピッケルやらハーネスやらシャベルなんかはいらないな〜



JETBOIL新旧比較

2011年12月5日 月曜日

初期型JETBOIL(ジェットボイル)は子供にとられたので・・・
現在愛用中なのは『JETBOIL ZIP』
90g軽くなってコンパクトに?
ちょっとした軽登山やピクニックにも重宝します。
キャンプの朝、テントでコーヒーを飲むためにパッと湯を沸かすのにもGOOD!



(左が旧型JETBOILで、右がJETBOIL ZIP)
山に登るなら軽量コンパクトがいいですものね。



バーナー本体もこんなにコンパクトになり、故障しがちな自動着火装置も廃し軽量化。
よく見るとバーナーヘッドも改良されていますね。
細かく言うとゴトクも新設計?開く角度が逆です。蓋も薄くコンパクトになりました





オールインワンなコンパクト設計。アウトドアで重宝しますよ。



先日購入した1.8L コンパニオンカップSUMOです。
(バーナーやボンベなどは入っておらず鍋部分のみの商品です)
この中に『JETBOIL ZIP』がすっぽり入ります。



さて、冬のトレッキングはこれで豚汁でも作ろうかな〜

マメ知識。
『JETBOIL ZIP』の本体下部プラスチックカバーはシェラカップと同量の水が汲めます。
ということは、おおよそ300ccですね。

JETBOILでお米が炊けるのか?という疑問があります。
やってみようかと思いましたが、構造上美味しくは出来ないだろうと試していません。
蓋には大きな穴(湯注ぎ口)が開いていて内圧が高まらないでしょう。
(皿とかで蓋するとかすれば可能)
熱効率のため底面ばかりが加熱して焦げ付く事は必至ですね。
(裏技でアルミホイルを鍋底に敷くとよいかもね)極弱火でじっくり炊けば?

炊けなくはない、馴れれば美味しくできるでしょうが・・・
自分はやっぱり普通にコッヘルで炊くな。。
長く使いたいのであれば液体食材を主体に使うのが良いでしょう。
そっか、お粥なら・・・・・!??きりないね〜



コンパニオンカップSUMO

2011年12月2日 金曜日

アウトドアグッズを購入〜!
っていっても冬期用ボンベやメタなどの消耗品だけどね。
そのなかでもニューグッズは〜



1.8L コンパニオンカップSUMO
ジェットボイルSOL、ジェットボイルZIPをすっぽりと収納できます。
(初代ジェットボイルは入りませんので注意!)
これで3人分のカップ麺の湯をいっぺんに沸かせるかな?

さて,,ふくひれ酒とおでんと魳焼きをチュウトラを膝に乗せながらコタツで・・・・





幸せだ・・・・